お小遣いも少ない貧乏パパが子育てしながら商品レビューやアウトドア関連、FXなど投資でお小遣い稼ぐ方法をご紹介!

パパシャ



ガジェット

iPhoneバッテリー交換は値下げで利用回数に制限がある

1回目は3,200円の交換費用ですむが2回目以降は8,800円

Appleが期間限定で「iPhone6」以降の機種のバッテリー交換費用の値下げを発表しましたが、交換利用できる回数には制限があることがわかりました。

バッテリー交換について

ほとんどの機種が該当する期間限定値下げ
バッテリー交換費用は通常8,800円が3,200円に期間限定で値下げされています。

【バッテリー交換有効期限】2018年12月31日

対象機種

  • iPhone6/6 Plus
  • iPhone6s/6s Plus
  • iPhone7/7 Plus
  • iPhone8/8 Plus
  • iPhone8 Plus
  • iPhone X
  • iPhone SE

今回分かったのは、交換費用の値下げが適用されるのは1台につき1回のみとういう点です。
したがって、3,200円でバッテリー交換を行った場合、2回目以降は値下げが適用されないのでバッテリー交換費用は8,800円となります。

ただiPhoneを利用している方でバッテリーが弱ってることが明らかなら、ここで交換するのは良い選択と言えるのではないでしょうか?2回目以降についてはその時考えれば良いことですね。

1回目のバッテリー交換は「診断」は不要

バッテリーの減りが早いと感じてる人には朗報?

通常バッテリー交換の場合は、iPhoneのバッテリーを事前に診断思考関gな必要と診断された場合に限って交換が行われます。

今回の3,200円のバッテリー交換では診断結果を問われることなく、ユーザーの意思があればAppleはバッテリー交換に応じてくれるというものです。

ただしこれは、Appleは正式に条件を公表はしていませんが、一度だけ3,200円の交換サービスを利用してしまうと、以降は値下げが適用されないだけじゃなく、通常通り診断が必要になるという事です。
Appleがバッテリー交換の前提条件として、今後も診断を設けるかは公表してませんが1台のiPhoneを長年使う予定の方には注意しておきたいポイントといえます。

【アプリ】Apple サポート

ニンテンドースイッチが定価で欲しい人も必見!

あつまれ どうぶつの森がどうしてもプレイしたい人へ

スイッチはどこも売り切れが続いてますが、この頃少しづつ入荷量が増えてきてるようです。Amazonでも予告なしにスイッチが定価で販売されることがあります。時々チェックしてみるとよいかもしれません。

今すぐ欲しい人は定価以上の価格なら買うことができます。

PRサイト

-ガジェット

Copyright© パパシャ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.