意外に楽天が最安値の時もある!

2018年発売のiPhoneは金属ボディの低コスト版はどうなるの?

2018年発売のiPhoneは金属ボディの低コスト版はどうなるの?金属ボディーの低コスト版iPhoneXの必要性ってあるの?



Apple製品に関するニュースって毎月1回くらい、アナリスト系の信憑性の低い情報が時々記事ででますよね。
今回もiPhoneに関する情報が紹介されています。

 日経新聞のアジア方面に特化した英語ニュースサイト『Nikkei Asian Review』が、業界筋からの話としてAppleが2018年に3種類のiPhoneをリリースする予定だと報じています。

 情報によるとリリースされるiPhoneは有機ELディスプレイ搭載の大きさ約6.3インチと5.8インチの2種類と、従来の液晶ディスプレイ(LCD)を採用した大きさ6.1インチの計3種類になるとのことです。

液晶ディスプレイと金属ボディでコストダウン

 液晶ディスプレイを採用した場合、有機ELディスプレイと比べてコストダウンを図ることができます。

 また、この6.1インチのiPhoneには金属ボディが採用されるとあるため、ワイヤレス充電機能なども省かれた低コスト版になると思われます(iPhoneのワイヤレス給電規格Qiは金属素材に対応していない)。

 さらに金属ボディであれば『iPhone 5c』のように、ピンクやグリーンなどのさまざまなカラーラインナップを揃えることもできます。

 この情報が事実かどうかはまだ分かりませんが、2018年のiPhoneについてはiPhoneに詳しいKGI証券のアナリストのミンチー・クオ氏も「3種類リリースされる」と伝えており、今年発売された『iPhone 8/8 Plus/X』のような展開を期待できるかもしれません(ただしミンチー・クオ氏は有機ELは6.5インチと5.8インチ、液晶は6.1インチサイズになると伝えています)。

引用先:https://news.yahoo.co.jp/byline/shinoharashuji/20171209-00079075/

リーク商法

個人的にApple製品が好きですが、信憑性の低い記事ばかりで溢れていると思いませんか?
そういった記事は読むだけ時間の無駄と思うのは自分だけでしょうか?

Appleのリーク商法は、ある時期からは信憑性が高いと思います。
それは発売3ヶ月前からの情報です。そして徐々にリークされています。

発売1ヵ月前をきるとほぼ間違いないくらいに、発売されるであろう商品が登場します。

昔のアップル製品ならギリギリまで全貌が明らかにされず、リークされたものと発売されたものとでは全然違っていたので予想する側も楽しかったんですよね。
それが今ではリーク商法というやり方で発売前からどんな製品かわかってしまうんですから残念としか言いようがないです。

おっさんからの一言

今回もこうしたニュースが公表されましたが、iPhone Xが発売されて間もないのに他ラインアップの紹介です。

5.8インチ、6.1インチ、6.3インチという細かな刻みのラインアップがあっても意味があるのでしょうか?
LCDモデルとOLEDモデルの2種類のような価格差のあるモデルなら廉価版として理解できるのですがね。iPhoneXの廉価版にしか見えないのは自分だけでしょううか。

iPadシリーズのラインアップなら少しは意味があると思うんですが真相はわかりません。

2017年11月ころには、iPhone SE2が2018年に前半に発売?いうニュースもやっていましたが、全く別物と考えていいんでしょうが、iPhoneXコストダウン版とiPhone SE2の発表時期が重なる可能性もありそうですね。

ニュースの情報は現段階では予想の部分がかなり多く感じます。
2018年以降のApple製品ならリーク情報がで出すので、リーク情報で流出したパーツなどが出るような時期になれば信憑性は高まってきますね。

2018年に行われるAppleのWWDCイベントが楽しみですね。

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!