意外に楽天が最安値の時もある!

加熱式電子タバコが紙巻きタバコ同様に吸ってはダメな理由

加熱式電子タバコが紙巻きタバコ同様に吸ってはダメな理由加熱式タバコの誤認が健康被害の拡大を招く!



アイコスはニコチンしかないから、体に悪くないと言ってる人周りにいませんか?
禁煙のかわりにアイコス吸ってる人いませんか?

たまにそんな変わった人がアイコスユーザーにいるんです。どこからそんな情報を得たのでしょうか。勝手な解釈と誤認でおかしな人が増殖していると思われます。

新型タバコとは「電子タバコ」と「非燃焼・加熱式タバコ」に分類されます。

電子タバコとは液体を加熱して「エアロゾル」を発生させて吸引するのもで、海外ではニコチン入りのタイプも販売されています。日本では医薬品医療器方の規制によりニコチンが含まないものが販売されています。

「非燃焼・加熱式タバコ」の種類にはiQOS(アイコス)やglo(グロー)などの葉たばこを加熱することでニコチンを含むエアロゾルを発生させるタイプとPloom TECH(プルームテック)などの低温で霧化知る液体をエアゾル発生後、タバコの粉末を通過させ吸引する電子タバコに似たタイプがあります。

電子タバコだからといって、依存性の高い薬物の「ニコチン」が含まれているなら、従来の紙巻きタバコ同様に健康リスクがあるのはもちろんのこと、吸っている人が吐き出した「エアロゾル」は周囲に拡散し、身体への悪影響が心配されるため非喫煙者への受動吸引への考慮が求められるのはこれまで通りです。

加熱式タバコを吸う人たちは非常にマナーが悪く「煙が見えにくいので禁煙エリアでも吸える」「受動喫煙の危険がない」「紙巻きタバコより健康リスクが少ない」などといった誤認が広まっています。

紙巻きタバコがやめられない人の代替品として推奨する考え方もありますが、加熱式タバコの仕様と健康リスクについては、科学的根拠のないままで現時点では憶測にすぎないということです。

「新型タバコの主流煙には、燃焼式タバコとほぼ同レベルの有害物質が含まれている」「加熱式よりエアロゾルを発生させる仕組みは、複雑な混合物を発生させ発がん性物質に変化させる」といった研究結果も紹介されています。

これらに基づき、日本呼吸器学会は新型タバコの使用は「推奨できない」とし、従来のタバコ同様「飲食店やバーを含む公共の場所、公共交通機関での使用は認められない」と言われている。

アイコスなどの加熱式タバコも紙巻きタバコ同様の扱いにしてほしいですよね!

厳選人気記事一覧



おっさんの臭いが気になったらこれを使え!