楽天ならポイントでお得!

【iPhone X】初回出荷台数はわずか46,500台って少なすぎる理由

【iPhone X】初回出荷台数はわずか46,500台って少なすぎる理由iPhoneXの出荷台数が少ないという事は発売日に購入できるかが心配!



中国メディアの新華社通信によると、Appleサプライヤーである台湾企業FoxconnがiPhone Xの出荷を開始したものの、初回出荷台数はわずか46,500台出荷がされたことを鄭州税関が明らかにした。

46,500台とは、iPhoneXが海外向けに出荷された最初の台数

過去のロケーション割当から、初回出荷の全体数は約84万台となり、アメリカとカナダが約53万台、ヨーロッパが約21万台、アジアは約10万台、そのうち日本への割り当ては1万4000台程度の予想。

corn

 10月27日の予約開始までに在庫積み増しが行われたとしても5倍には届かない可能性が高いと考えられる。

日本への割り当て14,000台×5(在庫積み増し5倍)
10月27日に全国で販売されるiPhoneXの数7万台

これは多く見るのは少なく見るのかはそれぞれと言いたいですが、この数はかなりと言っていいほど少ない!
考えてみてください。
iPhoneXの予約を受け付けるところは、Apple、家電量販店、DOCOMO、au、Softbankのネット、店舗なら全国にかなりの数があります。この全体に行きわたるように7万台を分配してみると一体何台になるんだろうって話ですよね。

台数がないんだから必然的に売切れ続出で数か月待ちは当たり前の状況になる

このままいくと確実にiPhoneXの争奪戦は激化必至になりそうです

まとめ

iPhoneXの予約開始まであとわずかですが、様々な情報が入ってきますね。
情報を見る限り間違いないのは、「初回出荷台数が少ないこと」これにより、10月27日の日本での予約はかなり厳しいものになりそうですね。

自分事ですが、AppleサイトからiPhoneXを2台予約する予定でいましたが、情報収集をしているうちに数の少なさから、半ばあきらめ気味で運良く買う事ができたらいいなと思うようになりました。

予約サイトはアクセスが集中して表示ができない状態になるのか、開始時間から数分、数十分で10月3日出荷分は完売してしまう可能性も十分にありますよね。

とにかく、初回発売分を逃してしまったら、次回はいつになるのか不明ですので初回発売分を購入できるようにがんばりましょう!

厳選人気記事一覧