楽天ならポイントでお得!

【PUBGモバイル】マップ(地図)の見方や使い方!マップ内の表示の意味わかる?

【PUBGモバイル】マップ(地図)の見方や使い方!マップ内の表示の意味わかる?マップに表示されている意味がわかれば危険を回避できる!



PUBGモバイルを始めたばかりでマップ(地図)の意味が分からないと思います。
初心者の人は、PUBGモバイルをプレイしてみたはいいけど、マップを見てもさっぱり意味がわからないと思った人もいるはずです。

マップの意味がわかれば、少しはゲームに有利になれるはずなので、マップの意味をご解説しますのでマップの意味を理解しましょう。

マップの円の見方と意味

安全地帯(白色の円内)

次回のエリア縮小の際にパルスダメージを受けない安全な場所です。プレイヤー達のバトルエリアになります。時間経過と共に円が縮小されていきます。縮小されると敵に遭遇しやすくなり、隠れる場所や物資が探しづらくなります。

パルスゾーン(青色の円外)

青い円の外側がパルスゾーンになり、内側はダメージを受けないゾーンになります。青い円の外側に移動すると徐々にダメージを受ける状態になり、生存が難しくなります。

「白い円」と「青い円」の違いは、白い円は段階的に小さくなり、青い円は白い円が小さくなってから少し時間が経つと徐々に小さくなっていきます。

レッドゾーン(赤色の円内)

赤いエリアは空爆エリアとも呼ばれます。フィールド上にランダムで空爆が投下される危険エリアです。マップに表示されてから時間が経つと「お知らせ」が入り、爆撃が開始されます。爆撃のダメージは大きく、直撃やそばに落ちると即死しますので、エリアから逃げましょう!

プレイヤー(黄色のアイコン)

「プレイヤー」の位置は黄色い丸に位置します。キャラクターが向いている方向(矢印)とプレイヤーが見ている方向(扇状の範囲)がマップから見ることができ、移動したい方向がすぐにわかります。

荒野行動対応コントローラー 2種類セット Anacend 射撃ボタン スマホホルダー機能付き 2018年最新改良版 iPhone/Android 各種ゲーム対応可能

建物や街はマップのどこ?

黄色い点や四角が建物

黄色あるいは薄い黄色の点に見えるものが建物です。物資の調達ができる場所なので、着地する場所は黄色い点の近くにして移動することになります。

小さなの点は一軒家、大きな点はマンションや工場など大型の建物である可能性が高いです。

物資を充実させるには下画像の左上のような建物密集地帯に着地するのが、物資調達には便利です。街と呼ばれている場所には物資が豊富にあります。しかし大勢のプレイヤーも同じ目的で、物資調達のため街(密集地帯)に着地する事が多いので危険の伴う場所でもあります。

マップピンの打ち方

ミニマップをタップしマップを拡大します。その後行きたい場所をタップすればピンを打つことができます。

ミニマップの見方

足跡マークは「敵がいる」

ミニマップに足跡のマークが映れば、近くの敵が移動しています。足の向いている方向が敵の正面になるので、狙いたい場合は方向に気をつけましょう。

足跡マークは「敵がいる」

弾丸マークは「敵が銃を撃っている」

弾丸のマークが映れば敵が銃を撃っていることを表します。しかし近いか遠いかまではミニマップ上ではわからないため、音や目視で敵との距離を測りましょう。

弾丸マークは「敵が銃を撃っている」

厳選人気記事一覧