楽天ならポイントでお得!

【PUBGモバイル】クラシックモードとアーケードモードの違いとは?どっちでプレイすればいいの?

【PUBGモバイル】クラシックモードとアーケードモードの違いとは?どっちでプレイすればいいの?クラシックモードとアーケードモードの違いわかりますか?



PUBGモバイル楽しんでますか?
初心者の方は、まだ少ししかプレイしていない方など、初歩的なことやわからないことが多いかと思います。

今回はその中の一つとして、「クラシックモード」と「アーケードモード」の違いについてご解説していきます。

どちらのモードでプレイしたらいいのかわからない人や、それぞれのもプレイの意味なども理解できるかと思います。

クラシックとアーケードの切り替え方法

プレイ時間や遊び方が2つのモードで切り替え可能!

「クラシック」モードと「アーケード」モードでは、プレイする初期エリアの大きさが違うモードになっています。クラシックは100人対戦で全エリアを使用しますが、アーケードは小さいエリアで開始されるモードになります。

そのため、アーケードの方がプレイ時間が短くなり、スピーディな戦いを楽しむことができます。時間のない人にも最適です。

ホーム画面で切り替え可能

画面左上の「CLASSIC」をタップすると「CLASS」と「ARCADE」を切り替えることができます。
画像は「CLASSIC」にチェックが入ってる状態です。

ホーム画面で切り替え可能

荒野行動対応コントローラー 2種類セット Anacend 射撃ボタン スマホホルダー機能付き 2018年最新改良版 iPhone/Android 各種ゲーム対応可能

クラシックモードのルールとは?

100人のバトルロイヤルで対戦!

クラシックモードはPUBGモバイルの一般的なゲームモードで、ユーザー100人によるバトルロイヤルです。クラシックモードの戦績は個人戦績に反映されるので、戦績を気にする方は集中できる環境でプレイしましょう。倒されなければプレイ時間は30分もあるので、じっくりとプレイしたい人にオススメのモードです。

ユーザー 100人
プレイ時間 約30分

アーケードモードのルールとは?

28人の少数のバトルロイヤルで対戦!

アーケードモードはユーザー28人によるバトルロイヤルで、最初から行動範囲が狭くなっています。短時間で遊びたい人におすすめのモードです。

ユーザー 28人
プレイ時間 約7分or約15分
武器種が制限

アーケードモードでは武器種が制限され、中にはショットガンのみの戦闘もおこなわれます。自分が扱い慣れていない武器種の練習をしたい方は、アーケードモードで練習するとよいでしょう。

さらに2つのモードがある

アーケードには、ショットガンやサブマシンガンなどを主に使用する「クイックマッチ」と、マークスマンライフルやスナイパーライフルなどを主に使用する「スナイパー訓練」のモードがあります。武器種が違うので練習しておくとよいでしょう。

個人戦績に反映されない

アーケードモードでプレイした戦績は、個人戦績には反映されません。プレイした経験値は通常通り入りますので、個人戦績を気にしない人はアーケードモードで遊んでも気にすることはありません。

クラシックモードとアーケードモードの違いとは?まとめ

いかがでしたでしょうか?
クラシックモードとアーケードモードの違いが理解できたでしょうか?

武器種の扱いを強化したかったり、「アーケードモード」のクイックマッチやスナイパー訓練をプレイすると良いでしょう。

実践の中で武器種を使いこなしサバイバル的に強くなっていきたい人は、「クラシックモード」で鍛えていけばよいと思います。クラシックモードなら戦績が残るので、自分の実力が数値化されてそれも楽しめると思います。

ドンドンプレイして操作に慣れてキルレーティングを上げていきましょう!

厳選人気記事一覧