楽天ならポイントでお得!

Amazonプライム会員を解約する方法!返金されない人もいる?解約や返金について

Amazonプライム会員を解約する方法!返金されない人もいる?解約や返金についてAmazonプライム会員を解約したら全ての人が返金の対象ではない



Amazonは生活の中では欠かすことのできないショッピングサイトであり、数多くのサービスがあります。

Amazonをさらに便利に使いたい人なら、Amazonプライム会員を利用していると思います。

プライム会員」は現在30日間無料で体験できるようですが、「自動更新しない設定」をしないと無料期間が過ぎると自動的に有料プライム会員になり、クレジットカードで年会費3,900円を請求されてしまうのです。

プライム会員の設定をしないで無料会員になってしまうと、気がつかないうちにAmazonプライム会員の有料会員になっていて、年会費一括3,900円を引き落とされている人が多いので、Amazonプライム会員を継続しない方は、すぐにでも解約した方が返金額も多いので解約手続きすることをオススメします。

Amazonプライムの解約方法をご紹介していきます。

無料でAmazoプライム会員を試す

Amazonプライム会員の年会費の返金について

年会費の返金は条件を満たしていないと返金されない

  • 全額返金
  • 日割り計算での返金

「全額返金」の条件は、有料で正規のAmazonプライム会員になり一度もプライム会員の特典(お急ぎ便、時間指定便が無料)を利用していない場合。それ以外は日割り計算での返金という事になります。

※全ての人が返金の対象ではありませんのでご注意ください。

Amazonプライム会員を解約して返金方法

解約方法は簡単!返金されるかも画面で確認できる

以下アマゾンのトップページへ行き、ログインします。
Amazonトップページ

アカウントサービス

Amazonへログインし、「アカウント&リスト」を選択するか、アカウントサービスメニューの「アカウントサービス」を選択して次へ進みます。

アカウントサービス「プライム」を確認

「プライム」を選択します。
プライムでは会員特典とお支払方法など確認や変更することができます。

Amazonプライム会員情報

アカウントサービスから進むと「Amazonプライム会員情報」ページへ行きます。
ここでは支払い方法や会費プランや他会員情報を確認することができます。

左メニューの下あたり「会員資格を終了する(特典を終了)」を選択して次へ進みます。

特典と会員資格を終了

ここではAmazonプライム会員を解約(退会)する手続きなので、「特典と会員資格を終了」を選択し次へ進みます。

会員資格を終了する

月額400円で利用できる「月間プラン」を勧めてきますが、ここでは解約(退会)手続きをする方法をご紹介していますので、「会員資格を終了する」を選択して次へ進みます。

解約(退会)するまでをご紹介しておりますが、何度も思いとどまるような表示がされていますよね。

解約・キャンセル最終画面

参考画面となりますが、ここでは「2018/09/21に終了する」を押してプライム会員資格をキャンセルして利用を終了します。プライム特典を受けている人は返金の対象外となります。

プライム特典をあまり使用していない人は、返金の対象となりますので、「今すぐ解約する」と言うボタンが表示され、年払いに対しての残り期間を月割りにして返金されます。

Amazonプライムのヘルプでは、Amazonプライムの特典を利用されていない場合は、キャンセル時に会費を返金いたします。

年会費の返金先はクレジットカードなら引き落とし先の口座への返金となります。

Amazonプライム会員を本当に解約していいの?

Amazonをそこそこ利用している人ならプライム会員の方が絶対お得!

Amazonプライムが年間3,900円かかりますが、動画コンテンツや買い物などAmazonで便利に恩恵を受けているなら、利便性という部分では満足度としては元はとれてしまっているんです。

Amazonで頻繁的に買い物する人ならば、金額的には十分もとはとれています。焼肉食べ放題のごとく躍起になる必要もありません。

以下Amazonプライムの特典をご紹介しています。
自分に合った使い方をするだけで、年会費以上に得をしてしまいます。「プライム会員」は無料お試しもやっているので試さないのはもったいなさすぎますよ。

Amazon(アマゾン)プライム会員になって驚きの15の特典をGET!

Amazonいくら配送料値上げする?さすがにアマゾンプライムの方がお得かも?

Amazonプライム会員キャンセルでの返金について

返金についてチャットで直接Amazonに問い合わせてみた結果

Amazonプライム会員は途中解約では全ての会員が返金されると思っていましたが、問い合わせてみたところ、「コンテンツのご利用やお急ぎ便のご利用を規定回数頂いているため、ご返金額は発生しない」とのことです。

コンテンツのご利用やお急ぎ便のご利用規定回数によって返金されないことに対して、記載されているページはないようです。また、それぞれの規定回数がどれくらいなのかは公開されていません。

Amazonプライムの闇を感じますね。

返金されると思い解約手続きをしてみたけど、返金対象外にされた場合は規定回数が知りたくなってきますよね。その辺がちょっと納得いかない部分かもしれませんね?

厳選人気記事一覧