楽天ならポイントでお得!

子育てで3歳までの大切な7つのポイント

子育てで3歳までの大切な7つのポイント3歳までに子供の個性を伸ばしてあげるためにすることとは?



しつけや育て方など気をつけてますか?
まだ言葉も話すことができないし、理解もできていないから3歳くらいになってからしつけや教育をしようと思ってませんか?

古来より伝わる格言「三つ子の魂百まで」というように、しつけや教育、そして人間に必要な情操教育は生まれてからの3年間で決まってしまうのです。

子育ての中では脳が形成が決まる貴重な3年間なので、をしっかり育てるためにも「子育てで3歳までの大切な7つのポイント」を読んでいただき、子育ての参考になれればよいですね。

3歳までの教育が大切な理由とは?

生れてから3歳までは人間の成長の中で一番急成長する時期

生れたばかりでほとんど目の見えない時から、3年間で「歩き」、言葉を理解して成長していきます。
特に1歳までに母親からの愛情を受けたかで、脳の発達にも影響し十分な愛情を受けてない子供は言語能力があまり育たなかったなんて言う研究報告もあるくらいです。人間形成や言語能力など、すべてこの3年間で形成されますので、脳の80%は完成される大切な時期なのです。

子育てで3歳までの大切な7つのポイント

7つポイントを抑えて子供の成長を伸ばしてあげよう!

1.子供の好奇心を伸ばそう!

子供が求めるときのに適切な手助けをしてあげましょう。親が気をきかせて先回りし、新しい刺激を過剰に用意しすぎたり手出ししすぎると、子供の自発性、積極性を育む機会やチャンスが失ってしまいます。

2.子供が自由にできる空間を作ろう!

子供の好奇心を伸ばすために、できるだけ自由に慣れる空間を与えてあげましょう。そうすることで積極性や意欲をはぐくむことができます。

部屋が狭くても、部屋の一角を子供のためのスペースにしてあげましょう!工夫すれば自由な空間は作れます。

3.色々見せて一緒に驚き感動しよう!

幼いうちは、見るもの触れるものすべてが新鮮で驚きと感動に道触れています。親が無関心では、子供も興味を失います。

色んなものを見せて、一緒に驚いたり笑ったり、子供と楽しむ気持ちで接してあげましょう。わからない年齢でもいいんです。いろんなものを見せて刺激を与えてあげましょう。

4.生命欲求を満たそう!

お腹が空いてる時、お尻が濡れて気持ち悪い時、甘えたい時、基本的な欲求が満たされていない状態では次のステップや行動に進めません。子供の様子をしっかり見て基本的欲求を解消してあげましょう。

5.ふれあって遊ぼう!

五感で感じるすべてが大切な時期です。赤ちゃんの近くで夫婦喧嘩をしたり、テレビアニメを見せて子守を任せっきりにしたりと、赤ちゃんに向き合って育てていかなくては、赤ちゃんの発達を阻んでしまっていますよ。

しっかり赤ちゃんの目を見て、話しかけてあげてください!赤ちゃんは言葉を理解できなくてもしっかり親を見ています。
沢山触ってあげてください。

6.できるまで待とう!

興味を持って触っているものが思い通りにならなく泣きそうなときがあると思います。そんな時、親ってついつい手を出してしまいがちです。じつはここで手を出してしまうと、成長に大切な「達成感」を理解する事ができなくなります。

「なんで?」「どうして?」に対して即答してしまう事も、子供の想像力を奪ってしまう結果になってしまいます。自分で考えさせ、達成・やり遂げる能力を育んであげましょう。

7.家族以外の人と触れ合う機会を増やそう!

家で親とばかり遊んでいてもダメです。社会性やコミュニケーション能力は、社会の中で育まれます。保育園などで同年齢の子達と遊んだり公園などで近所の人たちと接したり、家族以外の大人と触れ合うことは大切なのです。

保育園をこっそりのぞくと、家で見たことのない子供の姿が見られます。小さい時から、家と外の顔があるようです。

たくさんの人に合わせてみてください。

子育てで3歳までの大切な7つのポイント まとめ

いかがでしたでしょうか?

7つのポイントをしっかり理解して子育てするとよいです。、子供の成長を

3歳までの子供の脳は成長は著しいので、この時期は周囲からの愛情に包まれ、安心できる環境で育てることはとても大切です。

成長は個人差がありますので、他人の同年代の子供ができることが我が子にはできるとは限りませんので、そこはあたたかくみまもってあげましょう!

子供は大きくなっていきますので、過保護になりすぎず親は子供の成長のお手伝いをしてあげましょう。

厳選人気記事一覧