楽天ならポイントでお得!

札幌「大通駅」待ち合わせ場所の定番とは?

札幌の「大通駅」定番の待ち合わせ場所とは?待ち合わせはわかりやすくて集まりやすい場所が一番



札幌でファッションや遊び、若者たちが集まる場所と言えばやっぱり大通周辺です。

札幌駅周辺も開発が進み人の流れが札幌駅に流れているとは言うけど、やっぱり大通が遊びやすいですよね!

大通って地下鉄駅で言えば「大通駅」となりますが、大通駅で待ち合わせをする時、どこで待ち合わせをするのか?待ち合わせは誰に言ってもわかる場所が理想ですよね。

大通駅は札幌に住んでいる人なら、誰でも利用する駅です。
大通なら待ち合わせをどこどこと言っても通じるとは思いますが、大通駅と言えばやっぱりポールタウン入口前付近が待ち合わせに多く使われる場所です。

一昔前だったら「不二家前(ペコちゃん前)」と言うのが定番でしたが、大通駅の環境もどんどん変わってきて、待ち合わせ場所に変わってくるのです。

札幌の地下大通のの待ち合わせ場所では、常識というくらい常識な待ち合わせ場所をご紹介します。

札幌の大通駅の地下の定番の待ち合わせ場所とは?

大通駅の待ち合わせと言えば「HILOSHI(ヒロシ)前」しかない!


タイトルでもいいましたが、大通駅の待ち合わせ場所と言えば
HILOSHI(ヒロシ)前が超有名!

HILOSHIの「L」は「R」ではなく「L」なのでお忘れなく!

地下直結の三越とポールタウンの間にある「黄色い大画面のモニター周辺」のことを言います。
この辺はざっくりとなので、黄色いモニターが見える範囲内がHILOSHI(ヒロシ)前と言っていいです。
黄色いモニターの真ん前は、一番わかりやすいので既に人が座ってることが多いです。

どこどこの柱の前で待ってるなんて、LINEで伝えるのもめんどうですからね。
HILOSHI(ヒロシ)前に到着して辺りを見回して、待ち合わせ相手の友達などを見つけらる場所にいればだけの話。なので黄色モニターが見える範囲で待ちましょう!

HILOSHI(ヒロシ)とは?

黄色い色が特徴のHILOSHI(ヒロシ)外観

ついでに、どうしてHILOSHI(ヒロシ)っていうのか?など、HILOSHIのうんちくもついでに調べておきましたので、話題になった時にHILOSHIのことを少し知ってたら、物知りと言われるかもしれませんよ?

HILOSHI(ヒロシ)は、北海道札幌市、札幌地下街ポールタウン入口に設置されている4面マルチビジョン、及びそのキャラクターの名称。黄色い色が特徴で、札幌市内の待ち合わせ場所として多くの人に知られている。大画面は三菱電機株式会社が製造したものである。所在地は北海道札幌市中央区南1条西3丁目、地下街三越前広場、管理・運営は株式会社ラ・ウィル。

引用元Wiki:HILOSHI

厳選人気記事一覧