楽天ならポイントでお得!

パソコンのメモリーが高すぎる!価格高騰はいつ値下がりするの?価格推移から予想

パソコンのメモリーが高すぎる!価格高騰はいつ値下がりするの?価格推移から予想パソコンのメモリーが安くなってもらわないと自作パソコンが組めない



久しぶりに自作パソコンを作るためにパーツを探していました。
メモリーを見ると、2年前に8GB×2枚の1万2,000円位で買えていたので、下がってるもしくは同額程度かと思っていたのですが、価格を見るととんでもなく値上がりしていたんです。

例に挙げるメモリーは人気の「AX3U2133W8G10-DR DDR3 2133MHz 16GB(8GBx2枚組)」を例にとってみます。

次にメモリーの価格推移をご紹介していきます。

メモリーの価格推移

価格の変動は予測が不可能なほど急な動きをする

2017年12月17日まで15,800円ほどをキープしていたが、12月18日に26,512円になり、12月24日まで15,800円とを行き来していました。
そして、2017年12月25日から52日間26,512円の高値をキープし、2月15日から3月28日は19,980円と価格が落ち着いてきました。

15,800円で購入を迷ってた人は、翌日になると1万円以上も値上がりをして購入時期を逃してしまう。15,800円の価格を知っていたら26,512円では買う気にならない。
それでもパソコンを自作したい人なら、メモリーは相場性のあるものなので買わざる負えない状況です。

3月入り価格は下がってきたとはいえ、メモリー8GB×2の16GBでDDR3にしては19,980円でも高すぎる。


AX3U2133W8G10-DR [XPG V1.0 Series DDR3 2133MHz(PC3-17000) 16GB(8GBx2枚組) Red]

値上げの原因とは?

スマートフォン、パソコン、ゲーム機など、2017年は爆発的に売れた年でもありました。iPhone、ニンテンドースイッチ、PS4など、大きな需要がありました。国内の円安のせいもあったりと、経済的にもかなり効いた状況でもありました。話題のCPU「Ryzeb」の発売やマイニングによる自作PC需要の増加したと考えられています。

メモリーに限らず半導体を使用するパソコンパーツは全体的に値上がり傾向ですよね。

いつ値下げされるの?

現在は需要と供給のバランスは崩れている状態です。
生産調整を適正価格での販売なので、在庫はだぶつかないので、驚くほどの値下げは期待できないような気がします。

昨年の価格で言えば5月~7月の価格が安いことから、2018年も5月~7月の価格推移が気になるところです。
昨年の7月から上がり始めたメモリーも、年末商戦で最も忙しい時期である12月に最高値を記録し、12月から徐々に下がり3月に至っているのです。
予想にはなってしまいますが、4月から価格が若干下がるのではないか?
1年以上前のような8GB×2枚が1万2千円ほどで手に入る日がくるかもしれません。

比較的安値なオススメメモリー

自作PCを作るならメモリーが高くても買うしかない!

「8GB×2枚差し16GB」か「16GBの1枚差し」はどちらのメモリーもそれほど大差のない価格。
後々のことを考えて1枚16GBのメモリーを買っておくのも良いかもしれませんね!


・Crucial DDR4 8GBx2 永久保証 CT2K8G4DFS824A
・グリーンハウス DDR4 DIMM 16GB GH-DRF2400-16GB

厳選人気記事一覧