楽天ならポイントでお得!

「趣旨」と「主旨」の違いと意味とは?

「趣旨」と「主旨」の違いと意味とは?「趣旨」と「主旨」使い分けは意外に簡単だった!



漢字には、同じ読み方と同じがあるのに違う漢字ってありますよね。

そんな同じ読み方をする漢字の一つに、「趣旨」と「主旨」があります。
この2つの漢字は、「しゅし」と読むことができます。

どちらも同じ読み方をするので、違いが分かりにくいと感じたことありませんか?
チョットだけ使いづらい漢字ですよね。

もし間違った使い方をしてしまったら、本当に恥ずかしいものです。
会社や取引先へのメール、学校などで恥をかいてしまいます。

社会で恥をかかないために、漢字の意味を理解しましょう!

「趣旨」と「主旨」の違いと意味をご解説していきます。

「趣旨」と「主旨」の違いと意味について

「趣旨」と「主旨」の意味を調べてみると。。

「趣旨」と「主旨」の違いを辞書で調べてみると以下の結果になりました。

「趣旨」の意味
  • 事を行うにあたっての、もとにある考えや主なねらい。
  • 文章や話などで、言おうとする事柄。

【参考】goo辞書

「主旨」の意味
  • 考え・文章・話などの中心となる事柄。

【参考】goo辞書

「趣旨」と「主旨」の意味を調べてみると、文章は多少違いますが根本的な意味はほとんど同じような漢字です。ちょっと意味がわかりにくいですね。

「趣旨」使い方について

「趣旨」は一般的な漢字としてよく使われる

「趣旨」は「主旨」より多く使います。
どちらかを使おうか迷った時は「趣旨」を使えば失敗は少ないです。

「活動の理由や目的」の時に使うのがよい。

「主旨」使い方について

「主旨」は何らかの内容を伝えるためのもの

「主旨」は「趣旨」より、中心的な意味を強調したい時に使うのが正しい使い方です。

【例文】

  • 「話が長いから主旨だけ言ってくれ」

話の中心の内容を伝えたい時に、「主旨」を使うのが正しい使い方ですね。

以上、「趣旨」と「主旨」の使い方や意味をご解説いたしました。これさえ覚えておけば「趣旨」と「主旨」の使い方も迷うこともなさそうですね!

厳選人気記事一覧