楽天ならポイントでお得!

「怖い」と「恐い」の違いと意味とは?

「怖い」と「恐い」の違いと意味とは?「怖い」と「恐い」使い分けは意外に簡単だった!



「怖い」と「恐い」はどちらも「こわい」と読むことのできる感じです。

「父親がこわい」や「ホラー映画がこわい」など、誰でも一度は使ったことのある言葉だと思います。

「怖い」と「恐い」って同じ読み方なので、漢字を書くときどちらを使っていいか迷ったことありませんか?

この似た2つの漢字にも、それぞれに意味があり、使い方を間違ってしまうと恥ずかしい思いをしてしまうかもしれません。

「怖い」と「恐い」の違いと意味をご解説していきます。

「怖い」と「恐い」の違いと意味について

「怖い」と「恐い」の意味をしらべてみると。。

「怖い」と「恐い」の違いを辞書で調べてみると以下の結果になりました。

「怖い」の意味
  • それに近づくと危害を加えられそうで不安である。
  • 悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである。
  • 不思議な能力がありそうで不気味である。
「恐い」の意味
  • それに近づくと危害を加えられそうで不安である。
  • 悪い結果がでるのではないかと不安で避けたい気持ちである。
  • 不思議な能力がありそうで不気味である。

参考:goo辞書

「怖い」と「恐い」の2つの意味が全く一緒!

意味は全く一緒ですが、1つ違いがあるとしたら「恐い」は常用漢字ではないという事です。
そのため新聞やニュースなどでは、「怖い」を使うと決められています。一般的には常用漢字である「怖い」使うのが正しいのです。

「恐い」の使いどころ

「恐い」という言葉より、恐ろしい(おそろしい)と言葉を使うのに適しています。
「恐ろしい」は客観的に対象の危険性を表すときに使います。

反対に「怖い」は主観的な恐怖感を表します。

これを覚えておけば、「怖い」と「恐い」の使い方に迷うこともなさそうですね

厳選人気記事一覧