楽天ならポイントでお得!

自転車の防犯登録の「変更」と「解除」の方法とは?人に譲ったり破棄する場合に必要

自転車の防犯登録の「変更」と「解除」の方法とは?人に譲ったり破棄する場合に必要防犯登録の「変更」や「解除」しないと警察に止められたとき面倒なことに



自転車を持っている人なら必ず登録が義務付けられている自転車の防犯登録。

新しく自転車を購入したら、購入したお店で必要事項を記入して登録する事になってあます。

登録後は引っ越しでもしない限り変更は不要ですが、引越しをした際は登録住所が違ってきますので、変更手続きが必要になってきます。

その他、他人に自転車を譲渡したり、自転車が不要になり捨てる場合は、登録の解除が必要になってきます。

防犯登録の義務化について

購入時には必ず防犯登録をすることが決まりです

昔は防犯登録は任意加入でした。
現在は自転車を所有している人が増加し、それに伴い盗難も多発しています。また駐輪場以外の違法駐輪も増え放置自転車も数も増加しているのです。

こうした自転車に対するトラブルが増えたことにより、自転車の所有者を明確にする必要があるということにより、盗難や放置自転車対策として平成6年から義務化したのです。

ですから、新品の自転車を購入する際は、必ず購入店で防犯登録が必要なのです。

防犯登録の変更・解除に必要なもの

  • 自動車防犯登録カード
  • 自転車の防犯登録した時に、住所や名前など連絡先を記入したものが防犯登録カードです。
    他にも自転車の防犯登録番号や車体番号が記載されています。
    変更や解除の際に必要になってくる重要書類d巣。

    防犯登録カードを紛失した人を紛失した場合は、以下の所有していることを証明できるものがあれば変更と解除することは可能です。

    • 自転車を買った時の領収書、レシート
    • 自転車の保証書

    上記どちらもない場合の人もいるかと思います。その場合は自転車屋さんや警察に聞いてみると良いです。

  • 自転車
  • 自転車のフレームには必ず車体番号が印字されています。車体番号と紹介して変更や解除の手続きをします。

  • 身分証明書
  • 変更手続きには身分証が必要になります。変更書類と照会するので、所有者の住所が証明できるものが必要になります。免許証や保険証・学生証で問題ありません。

  • 登録料
  • 一部無料のところもあるようですが、変更や解除の手数料は数百円程度かかるようです。

防犯登録の変更方法

変更できる場所
  • 防犯登録をしたお店や店舗
  • 自転車販売店
  • お住まいの管轄の警察署
同じ都道府県で使用する場合

防犯登録番号はそのままで大丈夫です。連絡先の変更だけ必要です。

【必要なもの】防犯カード・身分証・登録料

違う都道府県で使用する場合
  • 防犯登録したお店で解除手続き
  • 新しい他都道府県の自転車屋で再登録

以前住んでいた都道府県で解除し、新しいお住いの場所で再登録をします。

都道府県によって登録や変更に違いがあります。
変更と解除手続きが移転先で一括でできる場合もありますが、出来ない場合もありますので事前に確認しておくか、解除と登録を分けて行うのも方法かと思います。

新しいお住まいの都道府県で登録する場合は、自転車自体が必要になりますので忘れないようにしましょう。

防犯登録の解除方法

防犯登録の解除は都道府県によってやり方が少し違ってきますので、各自でご確認ください。

防犯登録の有効期限は「約10年」です

有効期限を過ぎれば自動的に解除されるようです。有効期限内に解除したい場合は自分で解除してください。

解除できる場所
  • 防犯登録をしたお店や店舗
  • 自転車販売店
  • お住まいの管轄の警察署

【解除手続きに必要なもの】自転車車体・登録カード・身分証

自転車の防犯登録の「変更」と「解除」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

ご紹介した内容は一般的な手続き方法となります。
自転車の譲渡されたり、不要で破棄する場合には変更と解除の手続きが必要なので、それぞれ手続きを行ってください。

自転車の防犯登録については全国統一ではありません。都道府県により違いがありますので、お近くの自転車防犯協会に家訓してみると良いでしょう。

名義変更手続きなど面倒くさがってしていない時に、警察に止められたら盗難車と思われて面倒なことになりますので、変更手続きはしていた方が良いと思います。

厳選人気記事一覧