楽天ならポイントでお得!

「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」違いって何?どっちがいいか検討した結果

Fire TVアマゾンで動画みたいけど、どっち買ったらいいの?



Fire TVってどんなもの?

ネットには、HuluやNetflix、AbemaTV、Gyao、Youtubeなどといった動画配信サービスがかなり存在します。その動画サービスをテレビやスマホ、PCなどで簡単にみられるサービスとなっており、視聴環境により対応したアプリをインストールし動画、音楽、ゲームなどを楽しむことができるといったサービスです。

FireTVってこんな人にオススメ!

  • Amazonプライム会員で特に動画好きな人
  • 面倒な設定が苦手な人
  • テレビでネット映画や動画をリビングでくつろいで観たい人
  • 出張や外泊する機会が多く宿泊先でも動画をみたい人

テレビへの接続方法

接続と聞くと様々な設定をして接続するというイメージでしょうが、HDMI端子に挿してFire TVを自宅のWi-Fi設定をしてインターネットに接続するだけですぐに利用することができます。届いたスティックには既にAmazon会員情報が入った状態になっており、入力しなくてもログインできてしまうからすごいです。

lan

接続できる機器は、テレビのみというわけではなく、HDMI端子がついていれば、PCで使っている液晶モニターにも接続可能なので寝室で小さいモニターでの視聴用の環境構築も低コストで実現できます。

外観はかなり違い性能も全然違う

FireTVStick【Fire TV Stick】
スティック状になっており、液晶テレビの裏や側面にあるHDMIに直接挿すことができます。操作は専用リモコンが付属しておりますが、テレビのリモコンでも操作可能です。

AmazonFireTV【Amazon Fire TV】
Fire TV Stickよろもかなり大きく、ボックス型になっています。サイズが近いせいかAppleTVにどことなく似ている気がします。

スペック比較

2つの製品を見比べるとかなりの性能差があることがわかります。Amazon Fire TVが高性能なのがわかります。

  Fire TV Stick Amazon Fire TV
価格 4,980円 11,980円
無線接続
有線接続
ストレージ 8GB(使用可能は4.5GB) 8GB(使用可能は4.5GB)
外部ストレージ 128GBまでのMicroSD対応
メモリ 1GB 2GB
CPU クアッドコア クアッドコア
最大画質 フルHD 4K画質
USBポート 充電用のみ 1ポート
Bluetooth対応 ゲームコントローラー ゲームコントローラー、ヘッドホン、イヤホン、キーボード、マウス、一部サードパーティ製リモコン

価格の比較と付属品

価格に関していえば、Fire TV Stickが4980円、Amazon Fire TVが11980円と実に倍以上の価格差となっています。

押さえておかないといけない部分は2つ

  • HDMIケーブルの有無
  • ゲームコントローラーを使う場合

使えない機器や付属されていないので別途購入しないといけないなど不親切な部分がありますので確認してみましょう。

HDMIケーブル

Fire TV StickもAmazon Fire TVの両デバイスはテレビやモニターに接続する際は、HDMI端子に接続することになります。Fire TV Stickの方は本体からHDMI端子が出ているのでそのままさすことができます。

高価なFire TVの方は、HDMI端子が付属していないという落とし穴があります。
そのため、別途HDMIケーブルを購入する必要があります。予備を持っていれば問題ないですが、無い場合は購入する必要があります。安いもので500円位からありますので、そういった細かな費用がかかることも覚えておきましょう。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル – 1.8m (タイプAオス – タイプAオス/イーサネット/3D/4K/オーディオリターン/PS3/PS4/Xbox360対応)

ゲームコントローラー

Fire TV、Fire TV Stickどちらでもファイナルファンタージーやソニックなどゲームをプレイすることができます。それを操作するコントローラーは用意する必要となってきます。

Fire TVなら、PSやXboxのコントローラーを挿すためのUSBポートがありますので挿して使用することができます。

反対にFire TV Stickの方は、USBポートは充電用なので、USBでコントローラー接続はできませんので、専用コントローラーが必要となってきます。

【Fire TV Stickでゲームをする方】
【〇】専用のAmazon Fire TVコントローラー
【✕】家庭用ゲームのUSBコントローラー

【Fire TVでゲームをする方】
【〇】家庭用ゲームのUSBコントローラー
【〇】専用のAmazon Fire TVコントローラー

Stickは専用コントローラーが必ず必要で、価格は5,980円と意外に高い。

コントローラー
Amazon Fire TV ゲームコントローラー (音声認識機能付き)

家庭用ゲームのコントローラーを利用すれば両者の値段差はほとんどなくなりますので、ゲームを遊びたい人はStickよりFire TVの方が良いと思われます。

ゲームはできるとはいえ本格的にゲームを楽しみたいなら、ニンテンドースイッチやPS4などで楽しんだ方が間違いないですね。どちらかというと幼児向けなのかもしれませんね。

性能比較

価格も倍以上違い、性能の差が出て当たり前なのです。

Stickのメモリが1GBに対し、Fire TVは2GBとなっています。CPUの性能コア数は同じだが、動作性能はFire TVの方が断然上。

特に気になる違いとして以下のことをみていこうと思います。

  • 動作速度
  • 画質と解像度
  • 遊べるゲーム数の違い

動作速度

使用していると一目瞭然!価格差の違いが明らかにでています。
Amazonプライムビデオを開きホーム画面の動作や、Fire TVにインストールしたアプリの動きをみても、StickとFire TVの動きの差は全然違うんです。どちらもですが次世代モデルになってゆくと動きもよくなってくると思いますが、価格差と付加価値を考えるとこのようなところで、「もっさり動作」と「快適動作」にしているわけでしょうね。

基本的動きでストレスを感じたくないのであればFire TV一択です。

画質と解像度

StickではフルHP(1080p)だが、Fire tVは4K Ultra HDの解像度まで対応

自宅のテレビが4K画質に対応していれば高画質にキレイに観ることができますが、4Kコンテンツが充実されていればいいのですがね。

一般的なフルHDテレビでも十分で満足することができるはずです。

4Kの動画を満喫しようとするのであれば、アマゾンプライムは選択肢に入らないと思います。

遊べるゲーム数の違い

Fire Tvは比較的高性能なので重いゲームもそれなりに遊べますが、Stickは性能の低さから遊べないゲームがかなりありそうです。実際ストアを見ると、全体の1/3ほどがStickでは遊べないようです。

Stickだからと言って遊べないわけじゃなく、ファイナルファンタジーなどのクラウドゲーミングには対応しているので、一部のハイエンドゲームはプレイすることができます。

それ以外のゲームですと、基本的にStickはスペックは低性能なので、動きはもっさりしてしまうことが多々あると思います。ゲームをやるならFire TVが良い。

有線接続

Fire TVならインターネットに接続する際、優先LANでの接続が可能となっています。
この頃は、無線Wi-Fiが主流ですが、環境によっては優先LANを必要とする人の需要もあるんです。また有線で接続することにより、Fire TVの一部のゲームでも処理をサーバーで行うクラウドゲーミングを取り入れているため、継続的に安定したデータを送受信させることにより快適にゲームをプレイできるんです。

自宅でスマホやPCを無線Wi-Fiで快適に使用している人なら気にしなくて良いかもしれません

ストレージ

本体に搭載されているストレージは8GB(使用可能なのは4.5GB)だが、Fire TVならマイクロSDを挿すことにより容量を増やすことができてしまう。

動画はダウンロードせずに、ネットワーク経由でデータが送られてくるので、実際は容量を増やしても意味はありません。

基本的に4.5GBの容量がありますので、動画を見るだけなら気にする必要はないです

Fire TVでマイクロSDを挿した際に、容量として一番使うものは「ゲームアプリのインストールデータ」のようです。なので、マイクロSDを挿す人は「ゲームをたくさんプレイする人」に限られそうです。そういう方はマイクロSDを用意することをおすすめします。

Bluetooth対応

Bluetooth対応デバイスの比較表です。

  Fire TV Stick Amazon Fire TV
Bluetooth対応 ゲームコントローラー ゲームコントローラー、ヘッドホン、イヤホン、キーボード、マウス、一部サードパーティ製リモコン

動作にはbluetoothのバージョンなども関係してきますので、100%認識してそれぞれの機器が認識するとも限りません。それぞれの機器の対応機種を確認した方がよいと思います。

ヘッドフォン・イヤホン

ヘッドホンとイヤホンをBluetoothで接続するとテレビに直接接続しないのですごく便利です。これを期にコードレスのヘッドフォンを手に入れて、大音量で映画やゲームを楽しみましょう。

Bose QuietComfort 35 wireless headphones ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン ブラック【国内正規品】

このヘッドフォンをおさえておけば5年は使えます。
テレビでもパソコンでもスマホでも相性よく良い音を聞けます。スマホやパソコンなど通話もできるのでかなり重宝する一台です。かなりいい音もしてくれます。

中居が侍メンバーへヘッドフォンをプレゼントしたのもこのモデルになります。さすが中居氏良いものを知ってますね。

キーボード、マウス

スマホとキーボードをペアリングするような感じで、Fire TVと接続してPCのような感覚で操作できます。リモコンで文字を選択して入力するより断然早くて便利。

マウスの場合はポインターを使ってリストから選択できるために使用するので便利です。

その他の製品に関する情報

2つの商品の使い方やレビューなどをご紹介

Fire TV Stick本体の発熱問題

StiCkを長時間使やテレビの電源がついている状態だと本体が発熱します。

発熱が続くと動作がもたつきFire TVに接続ができなかったり、黒い画面になったり、読み込み中がずっと続いたりします。そういう時は、電源を抜いて10分くらい待ってから再度電源を入れて再起動をすれば復活します。

この問題はFire TV Stickの全てのユーザーに該当しないようなので、さほど気に市内でもいいかもしれません。

そのた熱対策を施せば、熱による動作の悪さや不具合を回避できるという情報があります。

スマホをアプリでリモコンにすることも可能

無料アプリでスマホで操作可能
リモコンアプリ
どちらの製品にもリモコンが付属しており、使い心地が悪いわけでもない。スマホ専用アプリ「Fire TV」も無料でインストールすることができスマホからも操作が可能となっています。スマホでの操作は画面がタッチパッドになっており、スライドして操作をするなどスマホラバしい操作性にアなってます。

テレビのリモコンでも操作可能なので、使いやすいリモコンで操作するのが良いと思います。

個人の主観ですが実際使ってみると、すべての操作ができてしまうテレビのリモコンが一番使いやすいと感じました。理由は、最初テレビの電源をONにする時にテレビのリモコンを持つので、そのままチャンネル設定をFire TVに選択するのでそのまま操作ができるので便利なのです。

音声認識はプライムビデオのみ対応

プライムの音声認識の精度が高いと様々なレビューでも書かれ好評です。音声認識を使ったサービスは増えては来ているのだけど、精度の問題もあり意識は低く利用している人はまだまだ少ないのが現状です。

プライムの音声認識ですが、プライムビデオ以外で利用できません。
プライムビデオを視聴しない人には持て余してしまう機能なのが残念ですね。

スマホPC画面をミラーリング出力可能

スマホやPCの画面をテレビに映せる「ミラーリング」に対応してる
Android端末では標準機能でミラーリングできますが、iPoneやiPadなどのiOSやMacの場合あではfire TVの専用アプリを購入する必要があります。

通常動作は安定しているが、時々鈍くなりタイムラグなど起きる場合もあります。

まとめ

Fire TV StickとAmazon Fire TVの比較をさせていただきましたが、個人的に「Fire TV Stick」を利用しています。理由は「安い」からです。
ちなみに動画はほとんど見なく、暇なときに観ようと思いつつ放置している状態かもしれません。まぁ年間3000数百円だから安いと思ってしまうからダメなんでしょうね。

余談はさておき両製品に関していえば、Amazonが好きで製品で完結させたい人ならAmazon Fire TVでもいいでしょうが、他社でもいろいろなサービスが展開されていますから、1つにとらわれるのもどうかと思います。機器も新製品が続々出てきますから、安い機種を買い導入費と維持費を安くする方がお得と言える気がします。

以下が考える各デバイスのユーザー像かと思います。

Fire TV Stickはこんな人にオススメ

  • 安くコスパを求めてる人
  • どんなものか使ってみたい人
  • たまに動画を見る程度の人

Amazon Fire TVはこんな人にオススメ

  • 4Kや画質などにこだわってる人
  • 動画を見る頻度が多いヘビーユーザーの人
  • ちょっとゲームをしたい人
  • Apple TVが嫌いな人

st
Fire TV Stick (New モデル)

q
Amazon Fire TV

厳選人気記事一覧