楽天ならポイントでお得!

ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでチュチュゼリーで火の起こし方と使い方

チュチュゼリー焚き火に便利!赤チュチュゼリーは簡単に作れる着火剤



ゼルダの伝説ブレスオブザワイルドでは、焚き火は欠かすことのできない行動の一つです。焚き火はひまをつぶして時間を経過させたり、料理をして薬や回復アイテムを作成したりと、ゼルダから焚き火をとってしまうとクリアできないくらい重要な行動の一つといえます。

フィールド内を探索していると、必ず目にする敵キャラ「チュチュ」ですが、倒すと出現するチュチュゼリーが有効的に利用できてしまいます。

火打石って使いやすくて便利だけど数が少なく入手しづらい

火打ち石ってどこでも簡単に手に入るアイテムじゃないので気軽じゃない
鉱床やフィールド内などで出現したり、イワロックを倒したら出現したりと、火打ち石を探すぞいう気持ちで探せばそこそこ探せるとは思いますが、あふれるほどに手に入れるのは大変です。

そういった意味で、簡単に手に入れることができる赤チュチュゼリーは手間もかけず量産できてしまう最高の着火剤といえますよね。

チュチュゼリーの出現場所と入手方法

チュチュの出現場所はマップ全域となってます

チュチュ

この地域で出ますとハッキリしたことはわかりませんが、相当過酷な状況でもない限りチュチュはどこにでも出現します。無難なところで平原を中心に探すとすぐ見つかるんじゃないでしょうか。

赤チュチュゼリーの作り方

赤チュチュゼリー

チュチュゼリーを手にもちます。数はお好みですが5個まで持てるので5個持って作りましょう。

チュチュゼリーの作り方
持ったチュチュゼリーは火に投げ込みます。
この画像は放り投げた様子がわかるように火の手前に投げた様子です。実際は火の位置に合わせて投げ込みます。

チュチュゼリーの作り方

実際にチュチュゼリーを火に投げ込むと、一瞬にして赤チュチュゼリーに変化します。この状態になればすぐに拾っても大丈夫です。この段階では爆発の心配はありません。これで赤チュチュゼリーの完成

チュチュゼリーを使って実際火をつけてみよう

チュチュゼリー
鍋に火がついていない所で、料理するために火をつけるという事で火をつけてみようと思います。鍋なので直接、赤チュチュゼリーを鍋下付近におきます。

チュチュゼリー

点火方法は武器で赤チュチュゼリーに衝撃(攻撃)を与えると着火します。

面白いくらいの燃焼で爆発のように燃えます。もちろんこの爆発に近いような燃焼でダメージが減ります。火に巻き込まれるとハート1~2くらい減ると考えておいてください。ライフがハート1ゲージになってるような方は気を付けてください。

赤チュチュゼリーは金属製じゃなくても衝撃を与えれば燃えます。
また、ダメージを食らいたくない人は、弓で離れたところから衝撃を与えても燃えます。

チュチュゼリー

点火の際の強い燃焼はすぐにおさまり鍋に火が付きます。

火打ち石で点火する場合、まきの位置が悪かったり鍋のところに置いても点火してくれないなど、無駄にすることがたまにあるんですよね。その点、赤チュチュゼリーだと爆発的なかりょくだけど、火がついてます感があってわかりやすい。ダメージだってハート1マス程度なのでどうでもいいかなと思います。

鍋に点火し料理することはかなり多いと思います。
だからすぐに手に入りやすい着火剤「赤チュチュゼリー」はかなり重宝しますよね。

チュチュゼリーの売値

チュチュゼリー売値

売値を確認してみたのですが、チュチュゼリーは5ルピーとなっております。

赤チュチュゼリーは10ルピーと付加価値が出た分高いのか?

チュチュはかなり出現しますので、チュチュゼリーって貯めようと思ったらかなり貯められるはず。1体からチュチュゼリーは2個出ますので、50体倒して100個で1000ルピー稼げます。

チュチュゼリーも使い道のあるアイテムです

敵キャラ「チュチュ」ってどこにでもいますよね。
だからチュチュゼリーってすぐに手に入ってしまうアイテムですね。あまりに簡単に手に入るから、序盤からチュチュゼリーを拾わずに去ることもあるのではないでしょうか?全部拾えとは言わなくても、そこそこ拾っておいた方がいいですね。

チュチュゼリーにも使い道はあります。

料理の素材にも重宝することはもちろん、今回ご紹介した着火剤として赤チュチュゼリーにしたりできます。

意外な使い道で言えば装備の強化には必要不可欠。
装備のどこにあんなゼリーが必要なのかよくわかりませんけど、装備を強化する際にチュチュゼリーも求められます。なので、通常数十個は所持していた方がいいです。

チュチュゼリーが色々使えると知って、見る目が変わったんじゃないでしょうか?

今後プレイ中にチュチュがいたら、確実に倒してチュチュゼリーをGETしたらいいですね。

厳選人気記事一覧