楽天ならポイントでお得!

春の七草とは?本当の意味や覚え方と七草粥まとめ

春の七草とは?本当の意味や覚え方と七草粥まとめ新年を迎えると春の七草の意味を知りたがる人が多すぎ!



年越し、元旦と新たな年を迎えます。
年越しやお正月ってそれぞれの家庭で腕を振るった料理や、豪華な食材でテーブルを飾ると思います。味の濃いものや、食べ過ぎ飲みすぎなど栄養をたっぷり摂りすぎる時でもありますよね。
年末・元旦にごちそうを食べて弱った胃をリセットするような意味が込められているんでしょうね。この風習は昔からあるんでしょうね。昔の人もちゃんと考えていたんですね。

「春の七草」や「七草粥」についてご紹介していこうと思います。

春の七草とは?

健康を祈願し七草粥に入れる7種類の若菜たち
春の七草

正月7日に7種の草を入れたかゆを食べて健康を祈念した年中行事がいつごろから始まったものかは定かでないが、その七草がゆに入れられる若菜を春の七草という。

古く短歌の形に詠まれた7種がセリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロであるが、これらのうち、ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、ホトケノザは現在この名で呼ばれているものではなくてタビラコ、スズナはカブ、スズシロはダイコンであるが、正月7日に使った若菜は時代や場所によって必ずしも一定しなかったようである。

春の七草
  1. 芹(せり)
  2. 川辺・湿地に生える

  3. 薺(なずな)
  4. ペンペン草

  5. 御形(ごぎょう)
  6. 母子草

  7. 繁縷(はこべら、はこべ)
  8. 小さい白い花。

  9. 仏の座(ほとけのざ)
  10. 正しくは田平子(たびらこ)

  11. 菘(すずな)
  12. 蕪(かぶ)

  13. 蘿蔔(すずしろ)
  14. 大根

春の七草の覚え方

せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ 春の七草
これらの七草については、5・7・5・7・7のリズムで、短歌のようにして口ずさんで記憶する覚え方が様々なサイトで推奨されています。
実際数回読むだけで覚えてしまうくらい簡単です。

七草粥とは

一般的には1月7日に七草粥を食する日となっている
七草粥とは
七草がゆは、年が明けてちょっと一段落した1月7日に食するもので、邪気を払い、万病を防ぐといわれる、すばらしい習わし。おかゆの中に7種の若芽、「せり」「なずな」「ごぎょう」「はこべら」「ほとけのざ」「すずな」「すずしろ」が入っているので、消化がよく、七草の解毒効果で、弱った胃腸はもちろん、体リセットのきっかけをつくってくれます。

1月7日に七草粥を食べるのは全国共通だが、七草粥の作り方や入れるものに関してはそれぞれの地方で異なりローカルルールがあるようです。

地域によって作り方や入れるものが異なる場合もある

東北の例を挙げてみると、気候や降雪の関係で七草が摘めない東北地方では、七草を使わない粥を炊くようです。山形県の村山市周辺ではゴボウ、ニンジン、こんにゃく、ずいき、油揚げなどを入れた納豆汁、七草汁を1月7日の朝食として食べる。

【七草の効能】

  • せり(芹)
  • 数少ない日本原産の緑黄色野菜で、セリ科の多年草。精気を養い血脈を整え、保温効果や高血圧予防に優れています。

  • なずな(薺)
  • 別名ぺんぺん草と呼ばれるアブラナ科の二年草。カルシウムやカロテンが豊富で風邪の予防に優れています。

  • ごぎょう(御形)
  • 母子草(ははこぐさ)の別名でキク科の二年草。咳・痰に効果があります。

  • はこべら(繁縷)
  • はこべのことでナデシコ科の二年草。昔から腹痛薬とされ、産後の浄血に用いられています。

  • ほとけのざ(仏の座)
  • キク科の二年草。胃腸に効きます。

  • すずな(菘)
  • かぶのことでアブラナ科の一・二年草。葉はカロテンやビタミンCの多い緑黄色野菜で、腹痛薬としても使われています。

  • すずしろ(蘿蔔)
  • 大根のことでアブラナ科の一・二年草。葉はカロテンやビタミンCが豊富な緑黄色野菜で、風邪予防や美肌効果に優れています。

まとめ

春の七草・七草粥いかがでしたでしょうか?
1月7日前から春の七草や七草粥の話題になりますよね。
そんな時ネットで検索してその時は「なるほど」となりますが、結局普段使わない知識なので、覚えてもすぐに忘れてしまうんですよね。

正月に贅沢なものばかり食べて弱ってる胃腸を、七草による解毒効果で「体をリセット」させるだなんて、昔って栄養価や効能なんてわからないだろうから昔の人ってスゴイですよね。

春の七草を食して胃腸を整えて新たな一年を刻んでください。

厳選人気記事一覧