楽天ならポイントでお得!

人間関係に疲れた人がやるべき6つこと

人間関係に疲れた人がやるべき6つこと社会人になると人間関係は大切だけど疲れてしまった時にどうしたら?



「人間関係って難しい」
しかし学校や会社に入って、その中の小さな組織に属し生きて行くには、適度に接していかなければなりません。
人にも合う合わないがありますし、10人いて10人とは仲良くなれるものじゃありません。そんな中でもうまくやっていかなければいけないわけです。

毎日を過ごして、時に人間関係にも疲れてしまう時が出てくると思います。
そんな時にどんな対応や対策をしたらいいのかをご紹介していきます。

状況により該当しない項目もあるかもしれませんが、その中で参考にしていただければ良いと思います。

他人が思う自分への評価が気になるため疲れる?

自分が思ってるほど他人はあなたの事を考えてないかも

人付き合いで疲れてしまうというより、気を使いすぎてるから余計な気遣いかもしれませんよ。
人から悪く思われたり、低評価を受けることがものすごく怖いから考えてしまい、ずっと緊張した状態でいるから神経がすり減り疲れてしまうのです。

人間関係に疲れた人がやるべき6つのこと

現状は何かしないと何も変わらないので実践してみてください

自分と合わないと感じる人とは少し距離を置く

性格や趣味が異なる人は、相手のペースに合わせてあげる傾向にあるので意見しづらく、二度手間になってしまう場合があります。合わない相手といるとそれだけで疲れますよね。会話もぎこちなく世間話ですら面白くありません。

自分と合わない人とは距離を置き、余計な気疲れをしないように元気を取り戻してみたらいいでしょう。

誰からも好かれようと思わないようにする

人からは嫌われたくないですが、余計なことをしなければ嫌われません。

意識して人から好かれるものではありません。頭で考えていても仕方ありません。その立ち位置は既に決まっています。小学校の時どうでした?中学校は人気者でしたか?好かれてましたか?
誰からも好かれたいなんて思わないでください。誰からも好かれるなんて不可能とおもっていれば、ストレスにもならないし考えすぎることもないと思います。自分らしくしていればいいんです。

あえて集まりに参加し人間関係の免疫力を高める

人間関係への「免疫力」を高めるためには、幹事や地域活動、PTA役員などやってみるのも良い方法です。

あまり目立ちすぎても役割を多く負担させられてしまいます。「あの人がやってくれる」と思われ、周りの人たちは受け身の傍観者的存在になってしまい、かえってストレスになりますので適度な役割にしてください。
あえて集まりに参加し人間関係の免疫力を高める

断る勇気を持つ

何かする時、誰かに何か強制され断れないと、それだけでモヤモヤしてストレスになります。
お互いスッキリした人間関係を保つために不都合ならすぐに爽やかに「できません」ときっぱり断ることにしましょう。
断ると険悪な関係になるかもしれませんが、自分自身変わっていかないと今後も同じことが繰り返されます。

断る勇気を持つ

背伸びしすぎない

実力以上によく見られようと無理な努力は疲れます。
人間関係で疲れてしまうの多くには、「ダメな奴だと思われたくない」「仕事ができる人間と思われたい」「優しい人と思われたい」などと、いい人ぶって背伸びしているからです。
無理は疲れます。肩の力を抜いて付き合っていけるように、自分を出していけるようにしましょう。

あいさつは先に自分からする

良好な人間関係を築くためには「あいさつ」は非常に重要になってきます。

常にあいさつは相手より先にし毎日続けることで、ギクシャクしていた人間関係がいつの間にかうまくいくこともあるんです。

あいさつは先に自分からする

まとめ

人間関係はほんと疲れます。
職場や学校で、仕事や勉強より人間関係の方がつかれるつ言っても過言ではありません。それくらい疲れるものです。

一通り人間関係を円滑にしようと努力してみたけど、なかなかうまくいかなく本当につらくて精神的な病になってしまうくらいなら、辞めてしまい逃げてしまえばいいと思います。

人間関係は大切ですが、身体あっての学業や仕事ですので、適度に頑張ってみてください。

私も人間関係は苦手で極力避けるようにするため、人間関係の少なめな職業につくためスキルを身につけました。結果、自宅で仕事ができるようになったのです。

厳選人気記事一覧